2012年04月05日

慣らし保育

今日のおチビちゃんは
慣らし保育初日で10時30分帰宅。
2日毎に保育時間が長くなり、
来週の13日で1日保育になります。

思い出したくない記憶がどうしても
フラッシュバックするんですが、
まあくんの慣らし保育は1年間。

10時帰宅が3ケ月。
11時帰宅が3ケ月的なペースだったことを思うと、
まあくんは普通の子が2日なところに90日。

そのくらいだってこと。

今の自分だったら飲み込めることだけど、
昔の私には無理だったな〜〜ふらふら
(訂正・・・飲み込める「かも」ですね)

そんなこんなでまあくん家の様子。。。

まあくんは、おチビちゃんが家にいないことに喜び満喫していた様子。
おチビちゃんは、まだ預けられている感がないらしく
ふと母がいないことに気付くと泣いたらしいが
だいたいは楽しめた様子。
母は「おひるご飯は牛丼だ!!」とお肉を買いに商店街に行ったところ
お肉やさんはお休み・・・(確かこの前も同じ曜日だったがく〜(落胆した顔))
血迷って隣のケーキ屋さんに入ってしまい、お肉より高いケーキ購入〜〜100x100_square_10820699.jpg(←イメージ写真です)
タルトが激ウマレストラン

更新の励みになります。
↓クリックにて応援お願いしますわーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
携帯の方はコチラ→にほんブログ村
posted by まあくんママ at 12:46| 石川 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 自閉症-育児・育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりのメールですみません。私は看護師1年目の者です。 今回、私が昨年度に大学の看護研究の講義で行った看護研究でまあくんママさんのブログの内容を研究のデータして使わせていただき、その研究を学会などで発表したいと考えており、メールを送らせていただきました。 研究のタイトルは「自閉症児を持つ母親の障害受容に影響を与える要因」です。研究方法として、研究方法は自閉症のお子さんを持つお母さんが記載しているインターネット上のブログから「子どもの障害に対する思い」「障害受容に影響した出来事、物、人」を抽出し、障害受容段階に当てはめて検討しました。 研究を行うに際してブログを始めの頃からずっと読ませていただき、一読者として一緒に涙を流したり笑わせてもらいながら、教科書を見ているだけでは分からない生の気持ちが分かりとても勉強になりました。 今は講義内での発表を行っただけなのですが、今回の研究を通して分かったことをぜひ発表したいと考えています。発表することで多くの人に自閉症のお子さんを持つお母さんの気持ちを理解してもらい、今後お母さんや自閉症のお子さんたちを支える日本の態勢が整う1つの根拠になるといいと思っています。 研究では個人の名前を記載しない、引用した内容は断片的に記載することで個人が特定されることのないよう十分に配慮しております。 もし、研究の発表に同意して頂ける、検討して頂ける場合はアドレスに返信を頂けたらと思います。研究の詳しい文も見ていただいて、プライバシーの面や内容にご意見や感想を頂けたらと思います。 長くなってしまい申し訳ありません。検討して頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
Posted by 海老原です。 at 2012年04月08日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。